スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作LED回路(準備編)

回路


これ。超簡潔に書きました。
自作でウインカーやテールランプを自作する人は、この回路を基にLEDの自作回路を作っています。

D…ダイオード(電流の逆流を防ぎます。ただLED自体がダイオードなので無意味では?と思われがちですが、ここでは保護の目的もあります。)
R…抵抗(繋げるLEDに見合った抵抗を使います。)
LED…発光ダイオード(自分でチョイス☆)

オームの法則が理解出来るなら道具さえあれば意外に簡単に出来ちゃうんです。(笑)

まぁそんなタカらっちょのZR-7のテールランプも自作LEDなのですが、1年振りにLED工作してみたいと思います。

まずは使いたいLEDの選定します。今回はこのLEDをチョイスしました。

「5mm黄色LED[590nm]OSY5CA5B61P」…定格電流70mA、15~19cd、VF:2.0~2.6V、半値角60°

定格電流は流せる電流量ですので、これ以上流したらアウトです。流す量を変えると明るさも変わります。
15~19cdは明るさを示してますが、かなり明るい方です。直視はキツイレベルです。(笑)
VFは電圧降下を表しています。2.0V以下ですと光りません。
半値角は明るさが半分になる角度です。LEDで60°は比較的広角だと思います。

このLEDを3つ直列に繋げたいと思います。

次に使う抵抗を求める訳ですが…
忘れてはいけないのは、バイクや車はエンジンかかってる時は、14.5Vぐらいまで電圧が上がっています。
なので12Vを基に計算するより14.5Vを基に計算した方が無難です。

 14.5-(2.6×3)=6.7V

この6.7Vは3つのLEDの電圧降下で差し引いて余った電圧です。
この電圧は使う抵抗で降下させます。
抵抗の決定は、LEDに電流をどのくらい流したいかで決まります。

 70mA(0.07A)流したい!!!…6.7/0.07=95.7Ω
 60mA(0.06A)流したい!! …6.7/0.06=111.7Ω
 50mA(0.05A)流したい! …6.7/0.05=134.0Ω

という感じです。
この求めた値より大きくて一番近い抵抗を選びましょう。
仮に求めた値より小さい抵抗を使ってしまうと、電流が多く流れてしまいます!;

タカらっちょは15~19cdの明るさがラピュタのバルスレベルだと思ってますので、控えめの50mA流れるようにします。
家に転がってた270Ωの抵抗を2つ並列に組み合わせて135Ωにしました。

CIMG1206.jpg

他は秋月電子という通販があるのでそこで仕入れました。送料除けば500円程です。
抵抗は100個単位で1袋100円という感じなので、1個1円…。
電子工作はかなり安く出来ちゃうんで、失敗してもダメージ少なくて済みます。(*^_^*)

では早速、作ってみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき - ジャンル : 車・バイク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。