スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.11

お久しぶりです!

ブログ放置し過ぎちゃいましたね…。
でもその分、バイクネタが盛り沢山ですw

PCのトップがブログにアップしようとしてる写真まみれなんで、時間作って随時更新出来るように頑張ります。

さて、今日はあの震災から1年が経ちました。
忘れてはいけない日です。

なのでバイクネタではなく、自分の当時の出来事を書いてみました。


当時、仙台に住んでいました。

夜勤明けの休みは夕方頃まで起きるのが、いつもの日課でした。
その日も夜勤後、休みで起きてました。
13時にauショップに充電器を買いに行ってました。

そして帰ってきてから携帯の充電をしてると睡魔が襲ってきました。
ちょっと早いけど寝るか…と布団に潜った瞬間、とてつもない地鳴りが…!

すぐにこれはただ事ではないと思いました。
9日の前震(震度5強)よりも大きい、と本格的な揺れが来る前に本棚を抑えてました。
そして強烈な揺れが続く…!

あの重い冷蔵庫が動いてる…!?
本棚はすぐに見捨て、壊れると厄介な液晶TVの保護に専念しました。

3分近い揺れの後も小さい揺れが続く。
この時、既に電気、ガス、水道のライフラインが潰れてました。

すぐに同僚達と合流し、情報収集しながら食糧調達の為にスーパーやコンビニに駆け付けました。
地震30分後、カーナビのワンセグから津波が襲っている光景が映る。
スーパーやコンビニは天井が崩れ入る事が出来ない。店員が必死に対応している。

これが巷で噂になってた宮城県沖地震なのか…?
こんな凄まじい地震だったなんて予想すらしてなかった。

すぐに震度6弱の余震が襲いかかる。
同時に雪が降ってきて外気温が1℃しかなかった。

避難所に避難も考えたが、アパートは特に損傷がないので暗い中、一つの部屋で同僚達と固まって過ごしました。
この状況、いつまで続くか解らない…。今は耐えて生きるしかないと思いました。

その後、電気復旧、ガソリンを手に入れ一時的に大阪に避難。
1週間後、宮城に戻り仕事場に。仕事場の工場は甚大な被害で閉鎖確定。
仕事場を失った自分は、8ヶ月に及ぶ低収入とニートみたいな生活が待っていました。

相棒ZR-7も震災時、タンク、カウル一式塗装の為に板金屋に預けてました。
しかし、津波が板金屋ごと流してしまいました。

その為、ネット復旧後は相棒を復活させる為に、タンク、カウル一式を仕入れ、自家塗装しました。
フロントフェンダーは被災した自分の事を知り、良心的な方から譲って頂きました。
震災後2ヶ月で復活した時、…エンジンがかかった時の喜びは忘れられません。

今、自分は幸せ者だと思っています。
そう、仕事が8ヶ月、趣味であるバイクが2ヶ月で再興したのですから。

この震災から衣食住があるのが当たり前ではない、という教訓を得ました。

被災地の1日でも早い再興を願っています…。
スポンサーサイト

テーマ : つぶやき - ジャンル : 車・バイク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。