スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZR-7 クラッチアジャスター交換

先日、走ってる時にクラッチ操作したらパキっと言う嫌な音が…。
でも問題なく走れてたので目的地に着くまで気にせず走ってました。

しかし、やたらクラッチワイヤーが伸びてるような感覚。
この前、クラッチ一式交換したばっかだし、ワイヤーもまだ半年も経っていない。

何だろう?と目的地に着く時には、どんなにクラッチを握っても半クラ状態に…!
すぐに調べると…

CIMG1553.jpg

CIMG1554.jpg

こんな所が壊れている…!クラッチアジャスターが!
綺麗に折れてます。この音だったのか…。(+_+)

クラッチアジャスター自体は某オクで送料込み500円程で手に入るので痛い出費でもないが、普通こんな所壊れないだろう…。

CIMG1562.jpg

全く同じ物を入手。

何故、Bremboロゴが入っているか不明だが、アジャスター部分が太く純正より回し易いです。(^∀^)
しかも色んなカラーがあるので、ちょっとしたプチカスタムにもなります♪

テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

DCstation シガー12V+USBジャック5V

元々使っていたDCstationのシングルシガーに亀裂が入ってるのを発見…!
防水の為のゴム蓋も千切れてるし、電気的に問題アリ!という事で、新しく購入しました。

CIMG1546.jpg

今回はシガーだけじゃなく、USB端子付きです。
買い替えた理由は、このUSB端子が欲しかった…ってのが一番の理由だったんですが。( ̄▽ ̄;)フフフ

ただ、これ付けれるスペースあるかな~。
全くそこは計算していません。(笑)

テーマ : バイク用品 - ジャンル : 車・バイク

ZR-7 リミッターカット

ゼファー750の定番であるリミッターカット。
なんと!初期型のゼファー750は10kΩの抵抗を噛ますだけでカット出来るという噂を聞きました。

ゼファー750はリミッターカットのキットがPOSHから出てますが、ZR-7用はありません。
そのキットを高い金額払ってまで流用してみようと思わなかったので、今まで見過ごしてました。

多分、メーター内の構造は同じなんで流用は出来そうですけどねw

では、10kΩの抵抗を噛ますだけでカットできるとはどういう事でしょう?

CIMG1544.jpg

そう、リミッターが働いていない時は、この11.88kΩに電流が流れているのです。
市販の抵抗にこんなきっちり同じ抵抗は、直列しない限り存在しないので噂の10kΩを噛ましてるようですね。

因みにリミッターカットが起こる時は、何かしらスイッチが切り替わり、抵抗が入ってない別の回路に電流が流れるようです。

電流量が増大するので、イグナイターが検知し、点火を抑えてる…という原理かな?

輸出用にはこのスイッチがないので、点火を抑える事がありません。よってスピードリミッターはありません。


ではこの切り替わるスイッチの手前で、回路を変え、常に11.88kΩに流れるであろう電流が流れるようにしたら…?

CIMG1542.jpg

10kΩを作ってみました。うちには一番大きい抵抗が1kΩしかなので10個直列で組みました。

CIMG1545.jpg

スイッチ手前でこのように作ります。
余った1本の線(抵抗が入ってない線)は短絡を起こさないよう(どこかの配線に触れないよう)に、絶縁しておきます。

ではこれで本当にリミッターカット出来てるのか?
多少の興味はあっても、実際に国内規制速度以上のスピードを出さないで試す方法があります。

それは80km/h以上出るか…です。
もし配線を間違えて、11.88kΩ相当の抵抗に電流が流れず、増大な電流がイグナイターに流れてたら常にリミッターカットが起こってしまうからです。
吹け上がらなくなり、60~70km/h以上出ないようです。

今回は高速道路で110km/h程まで試して問題無かったのでカット出来てるだろう…と思ってますw

でも実感が無いので、実感を求めるなら馬力チェック時のトルクカーブを見るか、サーキットを走るしかないですね…。(笑)


※この方法によるリミッターカットに関しては自己責任でお願いします。何かとんでもない事が起こってもタカらっちょは一切関与致しません。

テーマ : カスタム - ジャンル : 車・バイク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。